Blog

🍵常滑焼の茶高炉🍵お茶を焚いてリラックス

常滑焼の定番といえば急須ですが、やきもの散歩道の陶器屋さんを巡るといろいろな作品に出合うことができます。
忍茶には常滑焼の茶高炉が置いてあり、ゲストにも使って頂くことができます。茶葉とキャンドルも一回分用意していますので、一度試してみてください。
もし茶高炉の香りが気に入ったら、やきもの散歩道でお気に入りの茶高炉を探してみて下さい。

茶高炉は、お茶の葉を焚いて香りを楽しむ道具です。実は知多半島発祥で、常滑のお隣の半田市に拠点を置く陶磁器メーカーによって考案されたものです。

使い方は簡単で、茶高炉の上の皿に茶葉をのせ、下の土台部分にキャンドルを置いて火をつけるだけです。茶葉は、焦げるまで何度も使えます。

香りを楽しむだけでなく、お茶を焚いた後の茶葉は、ほうじ茶として飲むことができます🍵
ほうじ茶として楽しみたい場合は、お茶を焚くときに茶葉が焦げないよう、少しずつ混ぜてください。

忍茶ではお客様用に茶葉を用意しており、無料で茶高炉を試して頂けます。

もっと色々な茶葉で茶高炉を試してみたい方には、常滑さんぽ道沿いには寿園というお茶の専門店もあり、こちらで色々な種類のお茶を買うことができます。

和風のアロマを楽しみながら、忍茶でのリラックスした滞在を楽しんでください!

Leave a Comment